布川矯正歯科

メールでのお問い合わせはこちら »

医院玄関 医院入口 診療室 医院玄関 受付 受付 診療室 診療室 診療室 診療室 診療室 診療室 トイレ カウンセリングルーム 院長室

布川矯正歯科の特徴

  1. 見えない矯正(舌側矯正)に力を入れているクリニックです
  2. 舌側矯正に関する治療実績が国内有数です(数千件以上)
  3. 「確かな理念と技術力」による矯正治療にこだわっています
  4. 幅広い装置・システムから治療法が選べます
  5. 講演活動などで世界各国の舌側矯正の技術向上に貢献しています

詳細はこちら »

まったく新しい舌側矯正システム"3D Lingual Liverty"

このたび、舌側矯正の世界的権威であるDr.Fillionによって開発された、まったく新しい舌側矯正システム”3D Lingual Liverty"を導入することになりました。

このシステムは従来のような既成品を患者さんの歯列に合わせて装着していくものではなく、光化学スキャンによって口腔内を3Dで精密に撮影し、患者さん一人ひとりの歯列に合ったフルオーダーの矯正装置を、デジタル上で作製してしまうといったものになります。完全パーソナライズな装置であるため、さまざまなメリットが期待できます。

  1. フルオーダーなため、患者さん固有の装置が作れます
  2. ブラケットが1.5mmともっとも小さいため、違和感が少なく話しやすい
  3. 舌側矯正は常に唾液にさらされるため、むし歯になりにくい
  4. ブラケットの位置決めが正確にできるため、優れた治療結果を得ることができる
  5. 症例によっては治療期間の短縮を図ることができる
  6. 笑顔時の前歯の見え方などを良くできるため治療のクオリティを高めることができる
  7. 明確な治療目標の経過予測により治療開始前から治療ゴールを患者さんに明確に示すことができる

日本での導入例はまだほとんどありませんが、当院の院長はこの”3D Lingual Liverty"の開発にも関わっており、豊富な知識と高度な技術を持ちあわせております。
最新の舌側矯正治療をぜひご体感ください。

矯正治療をお悩みの方へ

歯並びについて歯科医への相談経験

不正咬合は病気ではありません。まずは専門医の的確な診断を受けて矯正治療についての理解を深めてから矯正治療を行うかどうかを決めてください。
矯正治療は歯を並べて見た目をきれいにするだけの医療ではありません。矯正治療を受ける患者さんの良い噛み合わせをつくることで歯の周りの歯周環境も整え、その患者さんの歯列•咬合が5年、10年と永続性をもって維持できるようにするのが、本来の目的です。

舌側矯正を選択する場合に不可欠なこと

歯並び,笑顔

リンガルブラケット矯正法の利点は他人に気づかれることなく矯正治療を進められ、矯正治療に対する社会的制約を受けることがありません。場合によっては16歳くらいからの受診も可能ですが、リンガルブラケット矯正法には適応症と非適応症がありますので経験豊富な専門医の診査を受けてから治療を開始することになります。

費用、治療期間、装置の種類、治療中の注意事項などについて十分な説明を受けた上で治療を受けられることをお勧めします。大切なことは装置の種類ではなく、それを使用する矯正歯科医の技術のクオリティーが高いことです。矯正治療を楽しく受けていただくことは良いことですが、ファッションではないことをご理解いただけるようお願いします。

日本矯正歯科学会制度の認定医試験に合格 2014年現在

2006年に「日本矯正歯科学会専門医」という資格が新たに設立され、第1回の試験に合格いたしました。この専門医制度は、矯正歯科領域における高度な臨床技能と学問的知識の向上を奨励し、 他分野における歯科医師または医師らと互いの専門性を尊重し協力し合うことにより良質な医療の供給を図り、 国民の健康と福祉に貢献することを目的に確立されたものです。「専門医」は、医療技能・専門知識・経験・高度な医療倫理観などを有していると認められた歯科医師のみ、認定を受けることができるもので、受験資格・審査ともに厳格なものとなっています。

2015年現在、全国で305名の矯正歯科医がこの資格を所有しています。
ご参考までにぜひご覧ください→最新の情報はこちらから

  午前 午後
11:00〜12:30 14:00〜19:30
火・水 11:00〜12:30 14:00〜19:00
金・土 10:00〜12:00 14:00〜18:00

※木・日・祝は休診です

東大阪市足代3-1-7 布施南ビル7F
近鉄電車布施駅から徒歩1分

矯正治療はすべて自費治療となっておりますので、健康保険に適用外となります。ご了承ください。矯正治療は治療費控除の対象となります。詳細はこちらをご覧ください。

日本臨床矯正歯科医会